リフォームとリノベーションの違い
2017.05.23

広い部屋リフォームとリノベーションの大阪での違いは、一般的な使い方と同様、線引きが難しくなっています。普段の言葉の使い方として、リフォームとリノベーションは曖昧でも問題ありません。しかし実際に申し込む時には、業者がどういった規模の工事のことをリフォームとリノベーションに分けているのか確認する必要があります。リフォームやリノベーションを行っている業者に工事をしたい内容を伝えて、できるかできないか聞くことが確実です。
一般的にリフォームとは、老朽化された建物を改良していくという意味に使われています。悪くなったところを元通りに直していくという感覚です。リフォームを大阪で行うときには、キッチンの設備を一部変えたり、古くなった壁やタイルを貼り直したりするということがよく行われています。
一方、リノベーションは大阪でもリフォームに比べ大規模な工事になります。古くなったから工事をする、のではなく性能を既存のものより向上させるといった用途での工事を指すことが多いようです。新しい機能の設備を取り入れていくといった感じです。キッチンの壁を取り払ったり、耐震性をプラスしたりすることがよく行われています。
リフォームのいいところは、小規模な工事なので費用を抑えられる傾向があります。また工事の期間も短く済むことが多いです。もとのあった状態まで回復させることが目的なので、イメージと違うといったことは極力避けることができます。
ただしリフォームする場所が多い時や、住宅全体が老朽化してきている場合は、リノベーションで大規模な工事をまとめて依頼した方が、費用が安くなる可能性があります。すぐに別の箇所もリフォームしなければならない可能性があるなら、リノベーションを勧めます。
リノベーションなら、設計を自由にすることができます。家族の増員など生活環境そのものが変わり不便が出てきたのなら、リノベーションで工事の規模を大きくする方が適しています。また新築を建てるよりは費用を抑えることができます。
しかし、今住んでいる家の耐久性や耐震性に注意しなければいけません。現在の基準に満たすために、費用が余分にかかってしまう場合があるからです。工事の規模が大きくなるほど、住むまでに時間がかかります。それまでの住まいを確保する必要が出てくるでしょう。それも予算に含めて考えていかなければなりません。
リフォームかリノベーションか、本当に生活に必要な工事はどちらなのでしょうか。予算と生活のすべてを見直したうえで、決定していくことで生活を的確に改善させることができます。

▲ ページトップへ